派遣型メンズエステを呼べる場所

By | 2017年11月9日

派遣型メンズエステはどこにでも呼べるものではありません。ちゃんと法律で定められた“決まり”があります。
ではどんなところに呼べるのでしょうか。

知っておくと、実際に呼ぶときに初心者の人は緊張が解れて余裕ができると思います。また、最新の情報を織り交ぜて解説していくのでリピーターの人でも初めて知ることがあるかもしれません。

自宅・ホテル以外にも呼べる!?

派遣型メンズエステを呼べる場所の条件としては、大きく言うと2つあります。1つは“シャワーや浴室などの体が洗える設備があること”、もう1つは“個室であること”です。

これはメンズエステに限らず、デリヘルやホテヘルなど他の派遣型風俗でも同じです。嬢とお客お互いの、衛生面とプライバシー面を考慮してのことです。そのため、風呂なしアパートとか、トイレ風呂共同の寮とかには呼べません。もし知らずに呼んでしまった場合は、場所の変更かキャンセルをしなくてはいけないでしょう。

この条件を満たす場所としてすぐに思い浮かぶのが、自宅やホテルだと思います。しかし最近、もう1つ新たにメンズエステ嬢を呼べる場所が増えてきつつあります。それは“レンタルルーム”です。

レンタルルームとは30分や1時間単位から借りられる部屋のことで、ホテルよりもかなり安い料金で利用できます。1時間1500~2000円で、宿泊でも5000円前後ぐらいです。個室内はベッドとトイレとシャワールームだけ、というような簡素な造りのところが多いですが、メンズエステの利用の条件は満たしており特に問題ありません。
ラブホテルのように見た目が派手でなく、一見ただのマンションのように見えるため1人でも入りやすいと言われています。

ここ最近、メンズエステ店のHPを見るとレンタルルームにも派遣可能な店が増えてきています。ラブホテル代が気になっていた人や、ホテル街を1人でうろうろしたくない人にはピッタリだと言えるでしょう。
ただしこのレンタルルーム、現時点では都心などで増えつつある段階なので、その他の地域にあるかどうかはエステ嬢を呼ぶ前にチェックしておきましょう。