外国人でもメンズエステで遊べるのか

By | 2019年3月25日

メンズエステに限らず、日本の風俗では外国人の利用を禁止にしているところが多くあります。何故でしょうか。

「外国人禁止」なんて聞くととても差別的なようにも思えますが、これには様々な理由があるのです。

エステ嬢を守るために仕方なく

まず、どこからどこまでを「外国人」と言っているのかについては店によって基準が異なります。
一般的に日本人は肌が黄味がかっていて髪や目は黒く、日本で生まれ育ち日本語を喋ります。でも、一概にそうではないことは誰でも知っていると思います。肌の色や生まれた国が違っていても日本の国籍を持っている人は大勢います。ただ、日本ではどうしても見た目だけで「外国人」と判断しがちです。

風俗で禁止とされているのは、ほとんどの場合が「日本で生まれ育っていない人」のことです。つまり、観光客や移住者などです。なぜかと言うとこれらの外国人には日本語がちゃんと伝わらず、ルール―やマナーを守って遊んでもらうということが難しいからです。

メンズエステでは本番行為は禁止なのにも関わらず、それが理解されずに本番行為を要求してきたりすると女の子の心身に負担になります。また、本当はルールを分かっているのに、分かっていないフリをして本番強要をしてくる悪質な外国人観光客などもいるようです。

それから、性病の蔓延も大きな理由です。近年、韓国人や中国人の観光客がとても増え、それに伴って日本での性病発症率も高くなっていると言われています。数年前からの風俗不況でアジア人観光客を受け入れる風俗店が増えたためだと思われます。しかし最近はまた外国人を受け入れない流れになってきているようです。

このような理由から外国人禁止の店は非常に多いです。日本で生まれ育ち日本語がペラペラな黒人の人などもいるので、そういう一部の人たちにとっては差別的に感じられるかもしれません。
ですが、今のところはトラブルを防ぐために仕方なく「外国人禁止」の策を取り入れているのが現状です。